マタニティ

妊娠初期の妊婦健診内容

妊娠が確定すると妊婦健診が始まります。

初めての健診、ドキドキしますよね。

  • 妊婦健診の内容
  • 費用について
  • どれくらいの頻度で通うの
  • おすすめの服装について

上記の内容で書き進めようと思います。

産院を決めるときのポイント 赤ちゃんを授かったときに 産院を決めなければなりません。 実際どこで出産できるか知っている方は 少ないのではないでし...

こちらの記事では

産院を決めるときのポイントをまとめています。

妊婦健診を受ける場所と

出産する場所を分ける

セミオープンシステムについての記述もありますので

良かったら参考にしてみてください。

妊婦健診はなぜ受けるの?

妊婦健診の目的は

ママの健康と赤ちゃんの成長を把握することです。

もしママや赤ちゃんに異常があった場合

定期的な健診を行っていれば早く適切に対応できます。

妊娠中のストレスや不安な気持ちも

おなかの中の赤ちゃんにとって良くないことです。

健診で身体面をチェック

精神面もケアすることで

安心して出産にのぞむことができます。

妊婦健診の頻度

妊婦健診は、

妊娠がすすむにつれて健診を受ける頻度が増え、

検査内容も基本検査に加えて

妊娠時期に合わせた検査が追加して行われます。

出産までに計14回の健診を行うことが推奨されています。

ただし、妊娠11週までは流産のリスクが高い時期であるため

1~2週間に1回の健診がすすめられています。

妊婦健診の内容

基本検査

基本健診は健診を受けるときに

毎回行う検査のことです。

  • 医師の問診、診察
  • 子宮底長、腹囲、血圧、浮腫、尿検査、体重
  • 食事や生活に関するアドバイスなど

特別検査

基本検査以外に

妊娠時期や身体の状態によって特別検査を行うことがあります。

妊娠初期は以下の検査を行います。

①血液検査
  • 出産時に多量出血して輸血が必要な場合に備えるために血液型を調べる
  • 貧血や免疫力、出血のしやすさを調べる
  • 妊娠糖尿病をみるために血糖値を調べる
  • B型肝炎抗原、C型肝炎抗体、HIV抗体、梅毒血清反応、風疹ウイルス抗体、HTLV-1抗体検査

②子宮頸がん検診

子宮頸がんが発見した場合には、がんの進行度によって

妊娠の継続か、がんの治療を優先するかの判断が必要になる

③性器クラミジア

早産を防ぎ、母体から赤ちゃんへの感染を防ぐために行う

④経腹エコー

赤ちゃんが正常に発育しているかどうか、羊水の量が適切か、胎盤やへその緒の位置などを確認する

妊婦健診の費用

妊婦健診の費用は、基本検査のみであれば

1回3000~7000円

特別な検査も受けると

1~2万円ほどです。

一般的に妊婦健診の回数は

14回かそれ以上となるため

合計の費用は10~15万円ほどかかります。

妊婦健診は保険適用ではないため

すべて自己負担となります。

母子手帳を貰うときに国や自治体からの

助成制度(妊婦健康診査費用補助券)を活用することで

費用を抑えることができます。

最終的には、

自己負担額が3万円~7万円ほどまで抑えられることが多いです。

また自由診療であることから、

健診にかかる費用は医療機関によって異なります

事前に健診にかかる費用を

医療機関に問い合わせてみるものいいかもしれません。

医療費控除について

妊婦健診に限らず

その年(1~12月)に支払った医療費が

10万円以上を超えたとき

いくらか負担した金額が戻ってくる制度です。

確定申告をすることで、以下の手順に沿って計算されます。

  1. 医療費控除額(上限200万円)=1年間に支払った医療費の合計 – 保険金や給付金 – 10万円
  2. 還付金額(手元に戻る金額)=医療費控除額×所得税率

妊娠中にかかった費用の領収書や

家族の医療費の領収書は必ず保管しておきましょう。

妊婦健診を受けるときの服装

妊婦健診を受けやすい服装の条件といえば

ゆったりしたものがおすすめ!

服を脱いだり着たり

まくったりするので

ゆとりがあって脱ぎ着しやすい服装が楽です。

オススメの服装
  • お腹を出しやすいトップス
  • ボトムを脱いでもお尻周りまで隠れる丈長トップスやワンピース
  • 血液検査などで腕を出しやすい袖まわりのもの
  • 温度調節できる重ね着

エコーを内診台で受ける健診がある時は

パンツやショーツを脱ぐ必要があります。

短め丈のトップスとパンツを合わせていると

下着を脱いで内診台に上がる時に

下半身があらわになってしまいます。

スカートや丈長トップスなら

ボトムを脱いでも健診直前まで

最小限の露出に抑えることができるので

気になる方は気をつけてください。

妊婦健診で避けたい服装

  • ボタンが多い服
  • タイツやストッキング
  • 薄着(冷房で冷えてしまうことも)
  • 脱ぎ履きに手間取るヒモ靴や、ロングブーツ

健診時はとにかく脱ぎ着しやすいものがオススメです。

私はひざ丈くらいのワンピースに

靴はスリッポンを履いて

健診に行くことが多いです!

妊婦健診初診の検査内容

私は不妊治療クリニックで

妊娠初期の妊婦健診1回目を受けました。

妊婦健診初診の検査内容
  • 血圧測定
  • 体重測定
  • 尿検査
  • 経腟エコーによる超音波検査
  • 血液検査(血液型検査、血算、血糖検査、各種抗体検査)
  • 子宮頸がん健診

妊娠7週目の心拍確認のときに

自治体から頂ける妊婦健診費用補助券を使っても

高額な支払いになるので用意をしてください

と受付の方に言われました。

補助券を使って支払った会計は29,170円でした。

(補助券を10,000円分使用)

思っていたより高かったです。

身体の状態によって

急に検査項目が増えたりするので

健診に行くときは

余裕を持った費用を用意しましょう。

血液検査の結果と血液型カード

血液検査の結果は

妊婦健診初回の2週間後にいただきました。

検査値には問題はなく

性病検査も陰性でした。

そして血液型検査では

血液型カードをいただきました。

なぜ血液型検査をするかというと

  • お産のときに万一、出血量が多くなった場合の輸血に備えるため
  • 母体とおなかの赤ちゃんの間に「血液型不適合」というトラブルが起こる心配があるかどうかを診断するため

血液型不適合とは

母体と赤ちゃんの血液型が違うために

いろいろなトラブルが起こるのが、

血液型不適合妊娠です。

母親と赤ちゃんは「他人」で

父親の遺伝情報を半分持っているので、

血液型が母親と違うというのはよくあることです。

ABO型の血液の違いはあまり心配しなくても大丈夫。

母親がRh(-)で、赤ちゃんがRh(+)の場合は注意が必要です。

これをRh式血液型不適合妊娠といいます。

Rh式血液型不適合妊娠とは

Rh式血液型不適合妊娠で

赤ちゃんの血液(赤血球)が母親の血液に入ると

母親の体の中で赤ちゃんの赤血球を攻撃する

たん白質(抗D抗体)が作られます。

何も対処しないでいると

次にRh(+)の赤ちゃんを妊娠した時

赤ちゃんの赤血球が抗D抗体によって壊され

お腹の中で貧血を起こしたり

生まれた後に黄疸を起こす可能性があります。

そのため、母親が抗D抗体を作らないように

妊娠中や出産後の適切な時期に


母親に「抗D人免疫グロブリン製剤」を注射することが勧められています。

ただ血液型を知るためだけの検査ではないんですね。

最後に

妊婦健診についてまとめ
  • 健診内容は基本検査+特別検査がある
  • 検査費用は補助券を使って1回約3000~7000円。検査内容によっては約1~2万
  • 検査の頻度は妊娠初期(妊娠初期~妊娠23週まで)は4週間に1回の計4回。それ以降は増えていく
  • 妊婦健診は合計で14回受けることをすすめられている
  • 健診の時の服装はすべて脱ぎ着しやすいものがよい

健診費用や毎回通うための時間がかかるから

自分で気をつけていれば

妊婦健診を受けなくてもいいのではないか?

と思うかもしれませんが

自分と赤ちゃんの命を守るために健診は必要

出産のリスクを最小限にすることができます。

国からの助成制度をうまく活用して健診費用を抑えましょう。

少しでもこのブログがみなさんのお役に立てたら嬉しいです。

ご覧いただきありがとうございました!

ましゅまろ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ABOUT ME
ましゅまろ
30代保育士のましゅまろと申します! 2021年11月に第一子を出産しました。 月経困難症、子宮筋腫摘出、妊活鍼灸、不妊治療など授かるまでにいろいろな経験をしてきました。 私の経験が皆さんのお役に立てたら嬉しく思います! よろしくお願いします♪